« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

秋空ジョゼ

残業が終わって会社を出ると、なんだか今日は天気が良いみたいですね。

002

こんな日は、どこかへ出かけたいと思うのですが、そう旨くいく訳もなく。

今夜も仕事です(がっかり しかも、もう寝なければならない時間である。

ところで、一昨日行方不明になった加藤さん(青いフリスビー をヒンヒン

言いながら探し回る翔太を見かねて←翔太が我が家へ来た記念日を

忘れていたことに対するお詫びとは言いません(焦

021

新人 ジョセフィーヌ。略してジョゼ。略す必要もないのに略したい。

そういうお年頃なんです(? 加藤さんをダ○ソーで購入した同じ日に、買って

いたのだが 無駄にもったいぶって出していなかった。

016

すぐに気に入ったようで、始終齧りっぱなし。投げる、キャッチするという

流れが一切ない。まぁ、投げても この狭い庭では壁や柵にぶつかって

落下するのだが。何回やっても、投げて5秒以内に ゴンッとか カキーン

という金属音がして落下。あまりにもコンパクトすぎる庭である(泣

011

こういう格好を見ると、思わず凝視してしまう。どうしても、肉球を触らずには

居られない。しかし、触ると

455_2

翔「こわっ(引く 変態‥」

というリアルに変質者を見る目で見つめるので、触りたい衝動をこらえる

ようにしている。肉球ごときで、変態扱いされるのも如何なものだが。

でも、実際 自分に置き換えてみると

いくら仲の良い友人だろうと、長時間 手を触られ続けたら正直しんどい。

しんどいを越えて、これからは友人を選ばなければ‥と思う。

010

触られる側になるのは、ノーサンキューだが触る側なら俄然ウェルカムだ。

ウエルカムパーティーを開いてもいい。招待状を作ったっていい←誰に?

022

翔「‥」

不穏な空気を肌で感じとったのだろうか。

翔太、膝に暖かい毛布をかけてやろうか。

005

翔「結構です」

あ、そう。さっさと触っておけばよかった←遅い

そろそろ、翔太を洗わないと ほのかに獣臭がしだしました。

いつのまに犬から獣に入れ替わったのだろうか。と、思うぐらい突然臭くなった。

翔太を抱きしめた瞬間、びっくりしすぎて やけに高音のクシャミがでました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うかれない冬 2007

相変わらず霧のせいで朝は青空が見えない、フッシー家の住む町。

001

今日の天気が、晴れなのかは天気予報を見ていないので謎ですが。

どんより空です。

どんよりと言えば、

005

翔「バレた?」

うーん。それも、どんよりに入るね(ガッカリ しま○らで買った、

激安のスニーカーは、昨日も書いたように翔太のおもちゃと化して

いるのである。散歩用に買ったので\980。いつも捨てないとなぁと

思うのだが、思うだけで行動に移っていないため、毎日このような光景を

見ることになる(だめな人

010

翔「で?どうしたの?珍しく、へこんでるっぽい?」

凹むっていうか、ガッカリなんだよ。

来月は世界中が、わくわく心躍らすクリスマスという一大イベントがあるじゃない?

なのに、なのに、

夜勤なんだってーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(エコー

013

翔「‥‥加藤さーん。出ておいでー。」

無視かね、君。

もう、ガッカリを越えて魂が抜けそうでした。

エクトプラズム出ました。セミの抜け殻ぐらいパリパリいいそうなレベル

で一気に潤いなくなりました。

011

翔「普段からカサついてるじゃん」

お肌の曲がり角は、遠い昔に通り過ぎましたけど(必死 

聖なる夜を会社で過ごし、仕事が終わり帰宅後の外が明るい時間に

「メリークリスマス」

って、シャンパンで乾杯するのは嫌なんですよ。三十路近くても、三角の帽子を

被って鼻眼鏡なんか付けたりして、クラッカーをバーン鳴らして、これぞ

クリスマスってのを満喫したいのだよ。

006

翔「HAHAHAHA‥」

何故、英語で?

431

翔「お前が、うかれるなーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

え(驚 

翔「何か忘れてない?12月だよ、12月。」

えーーっと‥天皇誕生日?12月って、何かあったっけ?

Cimg1240

翔「僕が、フッシー家に来てちょうど一年になるんですけど。記念日を忘れて

  ませんか?」

い、いや。ぜ、ぜんっぜん覚えてたよ←しどろもどろ 

今年は楽しい12月になりそうだなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(汗

すっかり忘れていた←いい加減 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤の蒸発 グズる犬

本格的な風邪を引いて、早3日。休日は、ほとんどの時間を寝て過ごした

ひろぽんです。

今日から夜勤なんて、ガッカリだ。

124

海にも山にも行けず、待望のイルミネーションすら見に行けず。

唯一、遊んだと言えば

010

翔「風邪ひいて寝込むような残念な奴、放置してやりたいんだけどさぁ、

 遊んでやんないとご飯抜かれそうな気がしてさ」

確かに、ひろぽんは残念な奴だ。せっかくの日勤明けに寝込むなんて。

でも、何故あなたが上目線で物を言うのか。

005

翔「加藤(新人フリスビー は何処?」

加藤さんは‥えーっと。あの辺りに、さっき翔太が咥えて持ってったはず。

持って来い。

036

翔「‥ない‥」

ないって事はないでしょうよ。この、狭っ苦しい庭の何処に隠す場所があるのか。

狭すぎて、しょっちゅう翔太は柵に衝突するほどの庭だ。とは言え、犬なのに

色んな物にぶつかりすぎである。しかも、ガチで正面衝突である。

そんな、あたり屋と加藤さんを探し続けてみるが、

028

翔「加藤ーーーーーーーーーーーー。」

ない。一体何処へ消えたのか。まさか、やーもっさん(黄色いフリスビー の

陰謀なのだろうか。翔太の興味を、自分に取り戻したくての犯行か。

033

しかし、哀れ やーもっさん。翔太の興味は、以前翔太の毒牙にかかった

スニーカーに向かう。買って一週間も経たぬ間に、飼い主が目を放した隙に

マイドッグ小屋(ハウスでいいのでは に引きずりこんだ靴。もう、小汚いを

越えてゴミと化してるじゃないか。

030

翔「知るか。ひろぽんの、管理能力不足を問われると思うがね」

ケツ毛ファサファサで言われても。

以前から翔太のおもちゃたちは、たまに神隠しにあう

絶対こいつ ↓ が隠しているに違いないのだが‥。

034_2

神隠しに遭った、おもちゃたちは忘れた頃に 翔太が持って来る。

こんな風に。

020

って。あるじゃん。いるじゃん、加藤。写真は昨日の使い回しですが(汗

加藤さんを咥える、正面向いた翔太の写真が撮れなかったので(下手すぎ

全く、人騒がせな。さぁ、加藤さんと遊びなさい。

その間に、ちゃっちゃとンコ掃除するから。

10分後。

翔太が悲しげな顔でやってきた。

まさか、また加藤さん行方不明?(ガッカリ

008

翔「不審者が加藤を連れていったんだ。あのガス屋が怪しい‥」

あなたが、どっか持って行って忘れたんでしょう?犬なんだから、自力で

探して下さい。嗅覚とか鋭いんだからさ。

029

結局、見つからず‥ グズられても知りません。

加藤の天下統一は一夜にして終わったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下克上 加藤の天下統一

昨日よりは多少喉が楽になった ひろぽんです。

まだ声は、男と女の中間あたりの声ですけど。ユニセックスなヴォイスです(おい

こんな時だからこそ

「どんだけ~」

と必死に高音の声を出してみた。似てるかなと思って(馬鹿 

結果→似てないし、大いに咳き込んで、病状悪化

やってられません(逆ギレ

030

さて、当ブログに何回か登場している やーもっさん(フリスビー ですが。

日々、翔太の寵愛を受け他のおもちゃたちの嫉妬を買っている

憎まれボーイなのですが、昨日から新人さん(おもちゃ が入ったために

下克上勃発です。

027

左は、やーもっさん(山本さん 右が、新人の加藤さん。 加藤さんは、100均

で入手。すぐ壊すだろうからと、家専用で買いました。

やーもっさんと加藤さん、こんな所でコンビ復活です。特に元 某コンビが好きでは

ありませんが、やーもっさんと言えば、加藤さんかなと←深い意味はない

で、翔太にどっちの芸人(フリスビー で遊ぶのかお伺いしてみると

031

翔「どっちにしようかなぁ」

まるで、椅子とりゲーム(フルーツバスケットでも可 のように、フリスビーの周りを

ぐるぐる歩き回り

016

翔「加藤とコンビ組みます」

と、加藤さんに齧りつく。まぁ、加藤さんは毎日テレビで見るぐらい仕事してる

もんね。第2の みの○んたって言われるのも分かる気がする。

その後、あまりにも加藤さんに執着するので取り上げてみた。

022

翔「返せーーーー。」

駄々っ子です。それから、しばし放置。

026

写真を撮ろうと思うが、失敗が続き‥ 何これ。しかも、全然お手入れ

していないおケツ。前回、トリミングに行ったのはいつだっただろうか(遠い記憶

夏前に、「バーバーフッシー」でカットした以来だろうか。もちろん無料で。

あの時は、悲惨極まりない姿になった翔太。思わず笑ってしまった ひろぽんを

許してくれただろうか。

443_2

気のせいだと信じたい、悲しげな目。

首輪のゆるゆる感が、貧相さを際立たせる。ボサボサのボサノヴァだねと、

意味の分からないコメントをした、笑いを隠し切れないひろぽんを

どう思ったのだろうか。きっと、タマ(命 とったると思っただろう。

そんなことを、ニヤニヤ思い出していると

020

翔「そのニヤついいた顔。すっげ、まじ気持ち悪いんですけど」

何ですか、そのいかにも迷惑そうな顔は。ていうか、いつのまにか加藤さん

咥えてるし。返しなさい。やーもっさんを与えようとするが、

018

翔「時代は加藤なんだよ。あいつが翔太にあ王国の将軍になるんだ」

と、そっぽを向き加藤の登場を待ち続ける翔太。

あのー、加藤さんはあなたの後ろにいますよ。

しかも、加藤さんはこんな小汚い人工芝の庭を征服したいなんて思いませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋との決別 2007下半期

せっかくの休日なのに、喉が痛くてテンションが低空飛行している ひろぽんです。

004

興味を惹かれる話題になると、一瞬テンションのメーターがMAXまで上がり

喋ろうと思うのだが喉をやられているせいで声が出ず、大きく咳き込み

テナー歌手ぐらいの低音の声になる。

何より、その低音の声の発生源が自分であるという事実を確認するまでに

若干時間を要するという鈍さ。衛星で中継が繋がってるときの、アナウンサー

同士の噛み合わない会話ぐらい鈍い。そして

気づいたときに、一気にテンションが急暴落するのだ。

株なんてさっぱり分からないが、暴落という言葉を使うチャンスが普段の生活に

全くないので使ってみた。

021

翔「そんなことより、この前の続き書かないと(イライラ 」

そうそう、立久恵峡の話。

土で泥んちょになっている翔太を、なるべく見ないように歩いたあの日のこと

です(どの日だ 

橋を渡りきり、

038_2

やぶからスティック(しつこい な木々を横目に、狭い通路を過ぎると

069

また橋‥

どんだけ橋にご縁があるのだろう。2007年下半期。

でも、さっきの橋より新しい雰囲気がするので渡ってやろうと気合をいれる。

翔太、ひろぽんの生き様をみてなさい。

006

翔「橋ネタ使うのは、いい加減キツイんで、サクっと終わらせて下さい」

え、あ、そう(汗 

どうにか橋を渡り終えた一行は、もと来た方向へ引き返しだした。

落ち葉を撮ろうと思ってカメラを向けると、

003

きつね?なんか、長ぇ。

もちろん翔太ですけどね。翔太を撮ろうと思ってカメラを向けると逃げるくせに、

全然撮る気がないときばっかり、こうやって入って来る。

どういうつもりなんだね、君は。

028

翔「べっつにー。うっとうしかった?ねぇねぇ、うっとうしかった?」

絶対馬鹿にしてるよね。でもね、そんな貴様が大好きだ。

008_2

好きだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

叫んでもいい。←結局叫ばなかった 

立久恵峡は、とっても寒かったんですけど景色はすごく良かったです。

紅葉も綺麗だったし、自然のデカさを感じました。あと、昭和の雰囲気が

残ってる町も懐かしくてよかったです。

次回は、もう少し暖かい時期に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漱石の羽 カムホーム

昨日は、あまりにも疲労っぷりが激しく更新できませんでした。

001

翔「たまに気合いれて仕事すると、疲れたってうるさいんだよね」

そうそう。って、オイ。

中途半端な、ノリ突っ込みをしましたが。

今日は、休日なのでまったり、ゆったりと、紅茶を飲みながら 膝の上にいる

シャム猫を撫でながら記事を書きたいと思います。

002

翔「紅茶飲んでないし、猫いないし。」

確かに、ココア(粉末 を入れすぎたかなり濃厚なココアだし。膝にいるのは、

チップと○ールのハーフケットですが。もしかしたら、ひろぽん家をバブリーな

セレブレティなお宅と思っている人がいるかもしれないじゃん。

057

翔「いねーーーーーーーよ。バーーーーーーーーーーーーーーカ。」

はい。一般庶民です(泣 ガソリンの値上げに激しい動揺を隠せない我が家。

毎週ガソリン満タンにしてますからね(号泣 毎週、財布から夏目漱石が7枚

羽が生えたかのように消えていきます。その漱石がいつのまにか、こっそり

財布の中に帰ってきてくれたらどんなに嬉しいだろう。福沢諭吉なら、尚

テンション上がります。

しかし、そんなミラクルが起きるはずもないので、

今日はお出かけナッシングです。

282

翔「ありえませんけど。もっと真面目に仕事して稼いで下さい。毎週ハイオク

 満タンで注げるくらいに。君には必死さが足りないんだよ」

仕事は真面目にしてるから。それに、うちの車はレギュラーですから。

必死さって、翔太がやーもっさんに注ぐ情熱とか ご飯に対する情熱みたいな

ものですか?

240

翔「おう」

って君。抱っこされてるじゃん。

せっかくバックに情熱大陸のテーマの曲を流そうと思ったのに(嘘つき

抱っこされてる時って、なんか手足が伸びてなんか置物みたい。

そういえば、立久恵峡の話の続きを書かなきゃいけなかったんだ。

また忘れてました。すぐ、脱線しちゃうんだなー。人と話してても、重要な話を

忘れて全然関係ない話をして そのまま「じゃぁねー」と 帰ってしまう。

で、帰ってから

「あ!(汗 」

と、焦ってメールなり電話をする。

ていうか、だったら最初っから携帯使えよって話なんですけどね。

こんなんだから、翔太のンコ踏むんですよ。←今朝の悲劇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やぶからスティック

な話だが、って。なんのこと?と思う人がいるかもしれない。

「やぶからスティック」とは。

040

竹が生い茂るスティックみたいな竹やぶではなく←どんな木だ

これ↑竹じゃないし。杉とか?(聞くな 

それ系の雰囲気。多分?

ルー大柴 発のルー語である。我が家では、時折使われる。

「やぶからスティック」を、ただ使いたくなる瞬間が突然やってくる。

そして、使うタイミングを間違えると大怪我をする。使用する方は、用法・

用途をお間違いなく←果たして使う人がいるのだろうか

意味は、やぶからぼう(棒 ならしい。そのまんまです。

Cimg0874_2

翔「昨日の記事に 偽称があったんだよね」

そうなんです。ていうか、偽称って言わないで(号泣

やぶからぼう ですが間違った事実を書いてしまいました‥

と、始まるはずが。やぶからスティックで、どんだけ時間使ってんだ。

えーっとですね。やまたのおろちを退治したのは、スサノオノミコトじゃなくて

大国主命です。最初は、正しい方を書いたのに次の瞬間には

スサノオノミコトって書いてました。

106

翔「そっか~。あ、鳥フンだ。」

謝罪より、鳥フンの方が興味あるみたいですね。このンコ野郎め←先日の

一件を根に持つ心の狭い人

さて、

出雲大社をご存知な方はどれぐらいいるのだろうか。前に、東京・大阪・福岡

の日本三大都市出身の友人数名に聞いたのだが、

「知らない」

口を揃えてあっさり言われたのだった。異口同音だった←使い方は合っているのか

ついでに、この人も

112

翔「知らん」

翔太は、兵庫生まれなので知らないだろう。というか、翔太をまだ出雲大社に

連れて行ったことが無い。ペットOKなのかも調べてすらいない←おい

182

翔「どーせ、置いてけぼりにするつもりだよね」

いやいや。もし、ペットNGなら出雲大社の近くにある日御碕(ひのみさき に

行こうじゃないか。灯台です。もしくは、稲佐の浜。「古事記」にも出てくる場所

である。

449

翔「ふ~ん。じゃぁ、いつ連れて行ってくれるの?」

えーっと‥いつか、来るべき時が来たら。

195

翔「連れてけーーーーー」

年内には行きたいんですけどね。来年から御本殿の修理に入るらしくて、

完全体として甦るのは、2013年らしいのです。地元の友人の話ですけど。

来年まで、あと1ヶ月ちょっとしかない‥(焦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やまたのおろち と 手酌酒 

神話の国と言うタイトルで、2日間記事を書いたのだが‥

今更言うのもどうかと思うが、実は 神話っぽい場所には行ってなかったりする。

Photo_2

翔「いい加減にしてください」

立久恵峡の近くには、須佐神社という縁結びの神社がある。スサノオノミコトと

稲田姫命が祀られている。「出雲國風土記」で、スサノオノミコトが

「我が名を岩木にはつけずに土地につける」と語ったのが、この須佐という

土地の由来らしい。

らしいと言うのは、ひろぽんはこの神話の国の隅っこに育ったにも関わらず

古代神話についての知識が全くないからである。

113

若かりし頃は、全く興味がなかったのだ。いまは、大人になったので、古代の

歴史に興味を持った自分にエールを送りたいぐらいだ。

やまたのおろちという、大蛇を倒した大国主命という神様がいるのですが、

まさか

昔、ひろぽんが友人たちと花火を見に行っていた斐伊川が、その現場だった

なんて。びっくりしすぎて、変な笑いがでた。

200_2

翔「知らなかったの?‥ププ」

結局、八つの頭を持つおろちは酒に酔って泥酔した所を、退治されるという話。

そんなにも酒が好きだったのだろうか。生贄になりそうだった姫を救いに行った

スサノオノミコトだったのだが、おろち的には生贄より酒の方に魅力を

感じたのだろうか。

出雲大社という神社は、その大国主命が祀られているのだが、やっぱり

知らなかった。昔はよく行ったのだが。大国主命という人物の名前を聞いても

分からなかった。

が、因幡の白ウサギの話を聞いて

Photo_3

「あ」

思い出した。鮫に全身の皮を剥がされたウサギを助けた良い人←噛み砕きすぎ

である。すごい神様だったんだーと、一つ賢く(? なったひろぽんでした。

今回、神社行きを途中棄権した理由。

それは、中途半端な時間に起きてしまったがために抑えきれない睡魔に

襲われたため。

もちろん、ひろぽんが。

049

翔「やってらんねーよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VIVA神話の国 始まりの章

さっき2時間かかって書いた(遅っ のに、バグったかなんかで消えてしまいました

(号泣 この日、立久恵峡へ行くと決めたのは朝の5時。出発したのは6時。

7時半には、神話の国へ入国してました。夜勤明けだったので、夫婦揃って

おかしな時間に起きてしまったので。

124_2

人間二人は、紅葉がすごいだの集団登校中の小学生の安否を心配したり

(民家が全く見当たらないのにどんだけ歩いて学校へ行くのか、こんなに寒い

のにあの短パンはどうなのか している内に、目的地に到着。

015_2

自然すげぇ。岩すげぇ(驚 でも、一番驚いたのは寒さ。ひろぽん的に、厚着で

来たはずなのに寒くて震えそうな寒さ。ひろぽんみたいなタイプの人が

寒さを舐めて凍死するんだろうなと思われます(痛 寒さで若干テンションの

下がった一行。

テンションがた落ちと言えば、この犬。

461

その原因とは‥

135_2

橋です。落胆とため息を隠せない翔太とひろぽん。しかし、翔太が橋が嫌いだ

とは知らなかった。さっきまで、リードをぐいぐい引っ張って

460_2

翔「さっさと歩いてもらえないですかね」

という、あからさまにお前は足手まといだ的な顔をしていたのに

いざ橋を渡りだすと

004_2

座りこもうとするわ、

005_2

瀕死の顔。ひろぽんの顔も翔太に負けないぐらい情けなかったと思うが。

フッシー家のツートップですから(3人しかいないのに ていうか、

橋の真ん中で立ち往生されたらこっちが困るから、動いてください(涙

リードを引っ張ることさえ、気を使うこの橋。揺れが半端じゃない。この前の

橋なんて、への河童である。

この橋、手すりがないじゃまいか。いや、ないじゃないか(号泣 

無駄に(ひろぽん的 広い横幅が恐怖を誘う。

137

まさか、橋に気を使う日がくるとは思っていなかった。情けない顔の一行は

(フッシーは終始にこやかであった 橋を渡りきると目の前に現れたのは、

052

狭くないですか

気のせいでしょうか

一人しか歩けないよ

更に狭くなり

098

いつの間にか、足元は土に変わっていた。しかも、この日は雨上がりときている。

翔太のお腹は、きっとドロンドロンに汚れているのだろう。しかし、まだパンドラの

箱は開けたくない。そっと蓋をしておこう。よし。

Photo_3

今日は、このあたりで終わります。1回記事が消えてしまったので2回目の

試合(投稿 はしんどいですね(疲 相変わらず、スタミナも文章力もない。

いつまで、このタイトルで引っ張るのかお楽しみに(してない 

長ければ長いほど、うまくまとめられないんだなと同情してあげてください(涙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VIVA神話の国 目次らしき物

寝過ぎました。かつ、寝過ごしました。ひろぽんです。

もう、出勤1時間前を過ぎているにもかかわらず、ブログ更新してる呑気さ。

ホントは、内心 てんやわんやできりきり舞いなんですけどね(嘘をつくな

昨日は、旅行雑誌で見つけた

131

たる所へ小さい秋を見つけに行って来ました。全然違うところを見ている犬は、

気にしないで下さい。なんか、もう時間がないので(あたふたしだした 

すみませんが、ここからは 次回からの目次みたいな感じになります(泣

116

念願叶って見れた紅葉だったり

101

「狭ッッ」

フッシー家全員が困惑した狭さだったり

088

また橋かよ‥と、落胆の色を隠せない人だったり犬だったりして

136

不老って書いてあるけど、渡る勇気を振り絞ったがために寿命を短くする

なんてことにはなりませんか?と、聞きたくなったりしましたが。

次回の更新で詳しく書きます。

遅刻する勢いです(自業自得

007

翔「ひろぽんのさぁ、いい加減さがはなはだしいですよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅前留学ハー子

おはようございます。先程、お目覚めのひろぽんです。

それが早いか、遅いか決めるのはあなた次第です。

454

寝起きから、うっとおしそうでしょ?この霧みたいに、まとわりつく感じが。

フッシーは低血圧な人なので、ひろぽんが寝起きから発する低レベル発言に

大変迷惑していると思われます。

おしつけがましい元気っぷりに、たまに

「ちょ‥寝起きだから‥(そっとしておいてと、言いたいのだと思う」

なんて言われますが。ひろぽんは、いかんせん物事をすぐ忘れるので日々

同じことを繰り返します。日々是精進どころか、日々是後退してますから。

4_2

さて、この洋服が似合わない洋犬ですが 夏の間ホームステイしていました。

我が家は、バブリーではないので留学させることは無理なので、せめて

ホームステイはと思ったのですよ。駅前留学の某会社も色々あったようですしね。

ホームステイ先は、ひろぽん母宅(もちろん国内  イエス!車で1時間! 

ま、一応県外だし。大昔なら、きっと県外なんて青い目をした外国人がいると

思っていたに違いない(苦しい言い訳 偉人さんに連れて行かれると信じていた

はずだ←苦しすぎる

Photo

本当の理由は、うちの庭は殺人級の西日が射すので 翔太が熱中症になるのでは?

しかも、留守番の時間がとても長い。何かあっても、気づいてやれないかも‥

Cimg0252

翔「オヤツくれるかな。うちのバ飼い主と違って、ケチじゃないからさぁ」

前にも、翔太は母と一緒に暮らしたことがあるので特に心配もせずに今回も

連れて行きました。うちへ帰ってくる頃には、ぺらぺらのバイリンガルになっていること

を祈って。もちろん、母は全く英語が話せませんけどね。

しかし、

予想とは反して異常な程の拒絶反応で その場にいた全員があたふたしました。

ひ「なんで、そんな鳴くん?(泣」

母「翔太、翔太」

フ「?!(驚 」

母が翔太を触ろうとするも、いやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁxqぁぁぁぁxとばかりに

逃げる始末。ひろぽんから離れない翔太を、身を引き裂かれる思いで母に預け

車を出しました。大丈夫だろうか‥ご飯を食べてくれるだろうか、ちゃんと寝てく

れるだろうか。胸が張り裂けそうになり、自然に無口になる。

家路につくまでの間、脳裏にぐるぐる浮かぶ翔太の姿。

Cimg0526

翔「菊池(ボール どっか消えたから探してきてくんない?小走りでな」

Cimg0469

翔「ちょ、待ってて。あの、オッサンにコーラとじゃがりこ買ってきてもらうから」

心にぽっかり穴が空いたようだった。翔太は大丈夫だろうかと、母にメールを

送るがなかなか返信がない。電話をかけようか。いや、なんか電話の向こうから

翔太のヒンヒン泣く声がしたら きっと迎えに行ってしまうからやめよう‥

2時間後

待ちに待った母からのメールである

母「写メとるのに時間かかってねー‥(なんたらかんたらと、翔太に関係ないことが

書いてあったような気がするが記憶にない」

翔太の様子を見なきゃ‥急いで見ると

451

笑ってんじゃん。オイッッ。さらに、

250

母「ハーちゃんも元気です。お母さんが、翔太と楽しく遊んでいると

ヤキモチをやきます」

母と誰が楽しく遊んでるって?えーっと‥楽しんでいるらしい。奴は。

Cimg0317

こいつ。ひろぽんの涙を返せ。結局、ご飯も完食したそうな。あの嫌がりっぷりは、

一体なんだったんだ。この犬 一芝居打ったのだろうか。

ちなみに、ハー子はモルモットです。

性別・年齢不明。謎のイカス女(男かも ハー子。イメージ的には、場末のスナックにいる

ホステス風。好きなもの、ニンジン。嫌いなもの、茶色と白で足の短い犬

ハー子が、デスノート持ってなくてよかったね、翔太。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふがいないラガーマン と ンコ処理班

本日も睡魔と闘っている ひろぽんです。今日は、待ちに待った休日です(喜

まぁ、寝て終わりそうな匂いがプンプンがしますけど。

夜勤明けなもので←言い訳がましい さてさて、相変わらず寒いですね。朝ですねー。

453

朝日というか、朝日です。仕事が終わって車に向かっている時に撮ったんですが、

寒さで手が震えていたのでブレブレです。震えてなくても しょっちゅうブレて

ますけど←改善する気が感じられない

で、秋といえば「スポーツの秋」と言う人もいると思いますが、ひろぽんは運動音痴

なので特にスポーツには興味がありません。我が家のトップアスリートである

フッシーは身軽で足が速い(当社比 に、比べ 何故か足の遅いこの犬

Cimg0255

問いただしてやりたい 写真が古いとかいうツッコミはしないで下さい(汗

最近あんまり写真撮ってないんで。寒くて手が震えるんですよ。そう、寒いから。

全部、寒さのせいなんですって←なすりつけ 足は遅いが、体当たりしてくる際の

ラガーマンっぷりは見くびれない。

Cimg0429

翔「どんとこい!」

それ、なんか違う。ラガーっていうか、超常現象って続きそうじゃん(TRIKだっけ?

アザラシっぽいし‥顔が。

先日も翔太の産卵後のブツ(ンコ を処理していると、背後からタックルされ

ブツを素手で潰してしまうという大惨事が起きたのである。 ヒイィィィ‥

固まる飼い主に満面の笑みを浮かべる犬

Cimg0427

若干ほくそえんで見えたのは気のせいだろうか あまりの衝撃に

「ゥオイッッッ」

と、時間差で大声を出してしまった。

立ち尽くす飼い主。冷え切った手に付いた、ほのかな匂いを放つブツ。

涙がでそうなぐらい生暖かった(号泣

フッシー家の、ンコ処理班として活動していく自信がなくなりそうな朝でした。

357

翔太の してやったり的な顔に、一瞬このンコまみれの手を擦りつけてやろうかと

思いましたが、大人なのでやめました。危うく二次災害を引き起こすところで

踏みとどまった自分に

「ありがとう」

と、握手を求めたい気分である。

ンコまみれの翔太を洗うのは嫌ですから。

Umi_2

翔「器の小せぇ人間めが。たかが、ンコのことでガタガタうるさいなぁ」

されど、ンコですよ。

Cimg0543

翔「あー、嫌だ。嫌だ。ンコンコ連発するような下品な奴は」

海に連れてくよ‥海水につけるよ。

Cimg0545

翔「ま、まさか」

リードの引っ張り具合から見てお分かりのように、翔太は海に入るのが大嫌いです。

107

翔「すみませんでした‥このンコ野郎め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みぞれバーの奇襲

昨日から一気に冷え込んで、あっさり風邪を引いた軟弱ひろぽんです。

昨日は、みぞれが降りました。寝てたから、知らなかったんですけどね。

アイスの みぞれバーなら全然ウエルカムなんですけど、雪と雨が混ざったみぞれの

方は、ノーサンキューです。

バーよりカップに入った、みぞれなら尚 良しです(どうでもいい情報

てりやきマックバーガーは、もっと好きです←某引越しセンター風に

今朝、仕事が終わって 車に近づくとフロントガラスが凍ってました。

まじっすか‥ そんな季節ですね(涙 紅葉にうかれてる場合じゃなかった。まだ、

タイヤ替えてないし。グズグズしている内にもう冬である。

452

翔「ここに何年住んでんの?タイヤは早めに替えといてくれなきゃ困るんだよね」

え。いや、12月に入ってからでもいいかなと。この前まで暖かかったじゃん。

翔「つーか、雪降ったら出かけらんねーじゃん。ありえねー。まじで。」

441

翔「落ちるわ。色んな意味で‥」

色んな意味ってなんだ。海や山に行けないからなのか。普段は、散歩用のリードに

繋がれているから、自由のきくロングリードの虜になってしまったのか。

445

翔「ていうか、みぞれ降ったね」

え、あ、そうだね。もう秋っていうか、冬だねー。毎年思うけど、去年ってこんな

寒かったっけ?って思うよね。雪降りそうな感じだしさ。

448

翔「寒いんですけど」

翔「みぞれが降っちゃうぐらい寒いんですけど」

Photo

翔「寒いっつってんだよ」

毛布だって、新しいのを三枚あげたし何が不満なのかね。しかも、あれ二重に

なってるから暖かいって。それより、あなた全然寒そうに見えませんけど?

毛布を小屋から引っ張りだして、振り回したあとその辺にポイしてるじゃん。

265

翔「うっそーーーん」

今朝は、ほんと寒くて翔太のことが気になって気になって寝てしまいそうなぐらい

心配(心配してんのか で仕事から帰って来たのですが、普段どおり小屋で

まったりしてました。逆に、翔太にどうしたん?的な顔をされました。モッハモハの

毛皮のおかげですかね。

287

翔「明日は休みなんだから、どこか連れてけ。」

あー、多分‥寝てる←やっぱりダメな人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起きは3ウンの得

昨日は、普段より早く目が覚めてしまったんですよね。と言っても、夕方の5時です

けど。普段、夜勤の時は出勤する1時間前に携帯のアラームが鳴って、しばらくした

後によろよろと起きるのですが。昨日は、珍しく自然に目が覚めました。せっかく、

目が覚めたのだから翔太と遊ぼうと思い、庭へ。

リードを外し、放牧

「翔太おいで」

と、両手を広げる。しかし、

435

お食事中の方、すみません。気を使って、ピンクでごまかしてみました。

かわいらしいピンク色が、逆にイラっとくる感じですね。

いきなり産卵タイムです。卵は産みませんが、我が家では産卵と表現します。

翔太に向けて大きく広げた両腕をどうしてくれるのか。どう処理すれば良いのか。

誰も見ていないのだが、一人気まずい気持ちになり両腕を回して肩こってる風な

動きをしてみた。

「最近、肩こってるんだよねー‥」

もちろん誰もいないし、聞いてなどいない。北風が身にしみた。

翔太といえば、見事なブツを産卵し終えていた。

「隊長、あなたのそのスッキリ顔を見れば分かるんですが、えらく立派なブツですな。」

437_3

翔「ウム。跡形も無く片付けておくのだぞ、ばぁや」

その後は、通常業務通り やーもっさん(フリスビー を咥えて狭っ苦しい庭を

爆走し、

436

ご飯もあっという間にたいらげ、こりずに毎日のようにおかわりを要求。

却下します。

283

翔「え」

却下です。君が勝訴することなど、ありえないのだよ。しかしだね、何事にも挑戦

し続けることは良いことだよ。もちろん おかわり以外で。やーもっさんを空中で

キャッチできるように努力するとか、空気を読める男になるとかさ。KYな男は

嫌われるって、この前「なるトモ」でも言ってたし。ま、頑張りなさい。ひろぽんは、

そろそろ出勤の準備をしないといけないから 

279

翔「次は、菊池(スマイリーボール で遊ぼうぜ」

人の話聞いてた?

442

翔「最近さぁ、菊池の奴 冷たいんだよね。彼女でも出来たんじゃないかな。ひろぽん

からも言っといてくんない?友情より女取るのかって。あいつ、ひでーな」

知らんよ‥空気読んでください。遅刻してしまうじゃないか。

実際は、ただゴロンしてるだけなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚肉の傾向と対策2007

先日、山へ行った目的をすっかり忘れていた、ひろぽんです。夜勤明けなので、

普段より更に文章おかしいかもしれませんが、その辺はそっとスルーして下さい。

睡魔が。ね、眠い。

269_2

翔「ろくに仕事してないのに?ププ‥」

え?(汗 いやいや、汗水流して、翔太のご飯代を稼いできましたよ。感謝して

頂きたいぐらいだ←若干うろたえている

そうそう、一昨日お出かけしたのはですねー 紅葉目当てだったんですよ。忘れてた。

近頃、魚を食べていないからか、記憶力が低下気味なのは気のせいなのだろうか。

魚肉ソーセージでDHAはまかなえるだろうか。頭脳パンじゃ、だめなのか(魚食え

で 、

398_2

見てお分かりのように、紅葉?今、紅葉って言った?ごめーん、電波悪くてよく

聞こえなーい、と言うぐらい紅葉には程遠いこの感じ。どこで何をどう間違えたのか。

フッシー家が住む地域の木々は、だいぶ紅葉がすすんでいたので更に寒い

山へ行けば、素晴らしい紅葉が見れると思ったのだ。大間違いだった。

330_2

おまけに霧まで出てくる始末。どうしてくれるんだ、紅葉する気まんまんだった

このうかれた気分を。このままいくと、次の休日には紅葉の見頃は過ぎていると

思われる。次の休みは夜勤明けで紅葉どころか休日は寝て終わっちゃうんだよ(号泣

276

翔「気にすんな」

お前が言うな(泣 今年も紅葉を見逃してしまうのだろう。去年は、気がついたら

すでに木々たちは枯れていた。それまで気付かなかった、ひろぽんもどうかと

思うが。

338_2

翔「グダグダしつこいから逃げよーっと」

という訳で、紅葉は見れませんでしたが翔太を広い敷地で遊ばせることが出来た

のが唯一の救いです。遊んでる間、誰一人来ませんでした。人っ子一人見ません

でした(悲 ここの帰りに、道を間違えて最初に行った西の原に行くと まだたっつぁんは

クレートの中にいました。アディオスたつ兄。

204_2

次は、海にいきたい。山、海、山、海、海、海、山ぐらいのペースで。

あ、魚肉ソーセージ買い忘れた←しつこい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚肉ソーセージと山と動物たち その2

昨日は、たっつぁんやら牛やらワイルドハーフやらで北の原でのことが一切書けず

どんだけ文章力が無いんだと、涙で枕を濡らしました。学生の頃に、もう少し勉強

しときゃ良かった。これからは、後退していく一方です(涙 さて、北の原らしき場所

に到着したフッシー一行。

315_2

あれ?昔と違う。確かに、昔と違っているのはおかしなことではない。前回ここへ

来たのは、かれこれ16年も前なのだから。しかし、なくてはならない「池」が

見当たらないのである。その池にまつわる昔話というものを当時聞いたのだが、

うろ覚えなので若干脚色されているかもしれない(きっと 昔、この地に住んでいた

姫が池に身を投げたという話だったような気がする。好きな人と結ばれないのならと。

当時は、悲恋の話より何より怖さの方が強く池を直視出来なかった。今は、三十路も

近い大人なので池を見たかったのだが、

323_2

無い。池の「い」の字もない。昔と比べるとここの広さも狭くなっている気がする。

北の原は分割されてしまったのか。謎。謎にしておこう。ささ、翔太遊ぼう。

338_2

あっさりフリスビーを奪い取り逃走。翔太は、フリスビーをキャッチするわけではなく、

齧っている時間の方が多い(涙 大抵は、飼い主の手から投げられた時点ではキャッチ

する気まんまんでダッシュするのだが、

390_3

追いつかず‥追いつけず。投げ方が悪いのか。しかし、翔太はフッシーよりも足が遅いか

らどうなのだろう。犬なのに、足が遅い。

人間と同じで個体差があるのは分かる。でもね、すぐ諦めるのはどうなんだ。

351_2

翔「あー、疲れた。ば飼い主めが、あんな逆方向に投げやがって‥ゼェゼェ‥」

落ちたフリスビーを咥えると、その場で座りこみ齧りだします。何度がしている内に、

追いかけるフリだけしだしたこの犬。

401_2

そして、自由行動へ。何を探しているのか。お金が落ちていたら呼んでね。絶対、

ひろぽんが落とした物だから。え?嘘なんてついてないって。翔太、頑張って探してね。

千円単位で受付けるから。なんて会話(? をしていると

410_2

雲行きが怪しくなってきました。確かに、寒い。ずっと、写真を撮っていたフッシーは

指先まで冷え切っていた。翔太も疲れたらしく、フリスビーに興味すら持たなくなった。

ひろぽんは、もう歩きたくなかった(だめ人間

「帰ろうか‥」

421

フッシー以外、体力の無い人と犬なので非常に疲れるのが早い。すぐに、座りたがる。

すぐに、水分を要求する。昔からこんなんだから、小学生の時の登山は大嫌いだった。

今なら再挑戦してみたいと思うが、きっと昔以上にバテると思われるのでやめようと

思う。そこに山があるから登るなんて、絶対無理だ。登山家の人をテレビなどで見ると

尊敬の眼差しで見てしまう。あんな荷物を背負って登るなんてすげぇ(そこなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚肉ソーセージと山と動物たち その1

今日は、昨日の予告通り山へ行って来ました。この山の麓には、それぞれの方角に

原っぱ(良い言葉が思いつかない があって、今日は西の原と北の原に行きました。

292_2

天気も絶好調に晴れてて、気温も高くしらじらしい程の爽やかさ。と、我が家の

車の少し前方に停まっている車を見て、テンションが一気に高くなりました。

警察犬訓練所の車が数台停まってたんです。明け放された後部のドアからクレート

に入っているシェパードが見えました。

「でけぇ‥怖ぇ」

飼い主夫婦は、シェパードのガタイの良さと梅宮のたっつぁんもびっくりなイカツイ顔に

若干引きながらも、顔はニヤニヤしていた。触りたい‥しかし、うかつに近づいて吠え

られるのがオチだ。残念ながら、魚肉ソーセージの持ち合わせはない。餌で釣ることも

不可能だ。さあ、どうする。つか、せめてジャーキーだろとか言うツッコミは、つい先程

自分自身でしましたので、お気遣いなく(してないって すると、前方に

296_2

ラブちゃん発見!しかし、この子も、警察犬訓練所の子と思われる(一般の人が

訓練のために預けたのでは)私達の前に、MIXのワンちゃんを散歩させていた老人がえら

い勢いで吠えられていたので、まだ興奮冷めやらぬだろうという訳で、この距離から写真

を撮らせてもらいました。その後、たっつぁん(シェパード とは別にボーダーコリーが

いて、更にニヤニヤしたひろぽんでした。ここでは、翔太を車から出せないことを悟った

飼い主夫婦は別の場所へ移動することに。

431

翔「あのー‥かれこれ2時間近くクレートの中にいるんですけど。まだですか」

ごめん、ごめん。あと10分くらいで着くから。車を走らせ、まもなく右側の原っぱを見て

ひろぽんが叫ぶ。

300_2

「牛!牛!群れだよ群れ」

フッシー一行は車を停め、しばし牛を観察する。まさしく放牧。ひろぽんの祖母宅が

昔、この付近にあったのでフッシーよりは牛を見る経験値が多かった。幼少時代の

牛とのスリルとサスペンスに満ちた思い出話をしていると何やら視線を感じる。

425_2

翔「忘れてやしませんか‥僕の存在」

いやいや(汗 忘れてやしませんよ。さぁ、北の原へ向けて出発しよう。再び、車を

走らそうとすると

「あっ!ビーグル!」

「うそ!?どこ?」

303_2

慌てて撮ったので、スレンダーな足しか移っていなかった(涙 どうやら、彼(彼女 は

放牧されている牛さんたちを見張っているようだった。さっきの放牧ゾーンから反対側

にあるさらなる放牧ゾーンへ走り去って行った。

「ワイルドハーフだね←強そうなワイルドさと可愛いらしさがあるのでハーフ」

「かわいいー」

夫婦で、こんな会話をしていた。ハッ‥こんなことをしている場合じゃなかった。

「翔太ごめーん」

285

寝ていた。写真はけっこう前の物ですけど。フテ寝です。車に乗ると、基本的に

寝ます。退屈なんでしょうね。毎回、休日に出かけるとなると最低1時間以上は

ノンストップで走り続けるのでね。ていうか、今日はこの辺りで。続きは、明日にします。

文章力が無さすぎて、毎回上手くまとめられないんで時間ばかりが、過ぎて行く‥

188_2

翔「また明日ね!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グズる犬とグズる飼い主

今日は休日でしたが、買い物をしていたらあっという間に夜になってしまいました。

行動を始めたのが、14時過ぎてましたからね。グズグズしている内に、刻々と時は

すぎていくのです(涙 我が家の夫婦は、一般で言う休日(土日・祝日 はほぼ仕事

で平日休みが多いので、たまに一般休日とかぶると凹みます。車が多くて、

何処へ行っても人が多いから。何より、翔太を放牧する場所が限られるからです。

270_2

翔「うちのバ飼い主、休みのくせに何処も連れて行ってくれませんでした」

す、すまんね。今日は色々買う物が多くてね。明日は、紅葉を見に出かけるからさ、

楽しみにしててよ。さ、機嫌なおしてよ。

266

翔「本当にぃぃぃい?」

本当に。山へ行くからね。牛とか馬もいるはずだよ。

274_2

翔「なんか、体調が悪いみたいなんで明日は行けそうにないです‥ゴホゴホ」

許しません。そんな猿芝居。犬芝居か。強制連行します。

275_3

翔「ふぅぅ←ため息」

282

翔「事務所的に家畜はNGなんで」

何を言うんだね、君は。牛や馬を見るとなんか気分的に自然に触れているって感じ

るじゃないか。癒されてるって感じしない?

278

翔「あのトイプーちゃん、かわいいなぁ」

何処見てんだコラ。人の話を聞きなさい。と、いう訳で明日は山へ紅葉を見に行って

来ます。最後に、今年の冬(2月)に翔太を撮った画像があったので‥

248

この時は雪が少なかったから良かったですが、一昨年は一夜で太もも辺りまで雪が

積もりました。今年はどうかなあ。この時の翔太は、今と比べるとやっぱり幼いです。

まだ、フレンドリーシップ精神(スポーツマンシップ的な)に則ってない頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やーもっさんVS食器

せっかくの休日なのに、寒さでテンション下がりまくりのひろぽんです。どうも。←選挙前

立候補者の様にみなさんと握手して回るあんな感じか。

今日の翔太ですが、

241

齧ってます。齧っている、その物体を投げたいひろぽんの淡い思いを完全に無視して、

フリスビー(我が家での別名やーもっさん←山本さん に、激しい愛情を注ぐ翔太。さては

て、翔太の愛情を独占しているかの様に見えるやーもっさんだが、彼には一人(一つ だ

けめったに勝てない宿命のライバルが存在する。コーギーだからなのか、やはり「ご飯」

に目がない。先日も

243_2

食器を買い換えた。左の骨のモチーフされた方が、今まで使っていたもの。成長に

合わせてフードの量を増やしてきたのだが、先月辺りから入りきらなくなってきていた。

買い替えなきゃねと言う、台詞はご飯のたびに言うのだが(汗 すぐ忘れるバ飼い主

ひろぽん。それから2週間して、やっと買ったのですよ。でた、THEいい加減‥ な訳で

新入りさんが来るまでの間、小さな食器にフードがうず高く盛られ翔太は、えらい迷惑

を被っていた、ごめんよ、物忘れの激しい飼い主で。

244_2

「それって、認知しょぅ‥(小声)じゃないの?」

それは、どうなんだ。どういう意味なんだ。そういう意味か。翔太、ひろぽんって

自分が欲しい物は絶対忘れないからさ。だから、なんていうかその‥そんな急ぐこと

もないかなって思ってたのだよ、君の食器は。食べる時に多少フードがこぼれるけど、

たいした支障はないかなと。まぁ、多少なのか大量なのか分からないが(翔太的に

Cimg0133_2

翔「‥(イラ」

本当は、毎日残業で仕事から帰る頃にはペットショップもホームセンターも閉まって

たからなのです。ただ、まじで買い忘れた日もありました。ごめんよ、翔太。

で、食器にフードが入れられる音(詳しくはフードの袋の音 がすると、やーもっさんを

咥えて歓喜の舞をする翔太。しかし、困った顔をして立ち尽くすのである。どうしたのか。

まだまだ、やーもっさんと濃厚なデートもしたいがご飯も食べたい。

う~、困った‥的なことだろうと思う。

考えこんだ結果、90%の確率でご飯が圧勝する。 

Cimg0296_2

これは、豚耳ですけどね。何も、そんな目で見なくてもよろしいんじゃないですかね。

取りませんて。取っても食べられないから。いや、まじで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薩摩に思い馳せて

寒さが身にしみる季節になりました。翔太の住む地域は、毎朝3度~4度なので

布団から出るのが嫌で嫌で嫌で本当に朝が来るのが憂鬱です。でも、翔太は

相変わらず

Photo_3

元気はつらつオロナミンCです(古っ 今日は、追いかけてるのがフリスビー

でしたけどね。あまりの寒さにカメラを向ける気力も無かったので、前の写真です

けど。今の季節ぐらいが、ちょうどいいのかな。吐く息の白い寒い朝だろうが、全く

きにしてない感じ。モッフモフの毛皮のおかげなのか。と、まぁ寒くなると、ひろぽんは

口癖の様に発する言葉がある。

「南国へ行きたい」

別に、海外に行きたいわけではない。日本列島の南辺りに、しかも島じゃなく本土

の。鹿児島に高飛びしたくなる。

20070814122602_0582_2

鹿児島=南国=南国の木 という、訳の分からないイメージで撮ってみた。

去年と今年のお盆は鹿児島へ行ったんですよ。

残念ながら去年撮った写真は、前のケータイのメモリーカードに入っていて

その大事なメモリーが行方不明なのだ(号泣 という訳で、南国の木の写真しかない‥

まぁ、去年は南国の暑さを舐めていたひろぽんにバチが当たり、行ったその日にバテ

て、ナイトサファリに行って超すばやいコアラ達を見れたのに、やっぱり暑さで

参ったり、フラワーパークに行ったのに、あまりの暑さに歩くことを拒否した事など、

バテていた記憶しかない。泣きたくなる、ふがいなさ。フッシーは、それはとてもとても

元気であった。薩摩っ子強ぇ‥初鹿児島の感想は、太陽が近かった。西郷どんは

でかかった。今年のお盆は、フッシーの親戚宅に行くことになり、出かけることが出来ず

(泣 来年こそは!計画倒れの予感がするのは気のせいか‥

去年に引き続き、焼酎だけはしっかり買って帰りました。お土産を買いに鹿児島に帰る

と言っても過言ではない。今年も、フッシーの親戚である無類の焼酎好きNに選んで

貰った。我が家は、

Cimg1583_2

飲みやすさでお勧めしてくれたのだ。フッシーは、旨いと言っていた。ひろぽんは、

まだ飲んでいない‥お土産で買ってきた、「なんとかのしこん」←全然覚えていない

「晴耕雨読」は美味しいと評判がとても良かった。鹿児島行きたいなぁ。翔太は、連れて

いけないのだけれど

Cimg0117_2

「えええええええええええええええぇぇぇぇぇええぇぇぇぇぇぇぇぇぇえええええぇぇ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋との再会。その2

前回よりも秋らしくなった木々を見ながら、ゆっくりまったり散歩する一行

234_3

ここの左上には芝滑りがある。しかし、幼い頃顔面から芝生に突っ込んだトラウマ

から再挑戦出来ないひろぽん。三十路を前にして、大きな壁が立ちふさがる。

イヤ、無理でしょ。無理だしょ。あんなの、原始的すぎて今の現代社会に存在

すること自体おかしいと、意味の分からない理屈で駄々をこねる。

225_2

翔「つか、どーせ滑らないから先に進もうよ」

あー‥そう。じゃあ先に進もうじゃないか。あれ?向こうに見えるのは

232_2

前回ひろぽんを苦しめた巨大大橋。こうやって見ると、たいして高くないじゃん(恥

こんなの余裕じゃん、立派な大人として恥ずかしくない勇姿を見せてやる。翔太、

よく見てなさい。さて、橋に足を踏み入れるフッシー一行。フッシーと翔太はスタスタ

歩いて行く。いやっ、待ってくれ。待って下さい。しかし、へっぴり腰のひろぽんを見てフッ

シーは、笑いながら大きな音をたてて橋を走っては引き返しを繰り返す。大きく揺れる橋。

翔太までもが、笑いながら馬鹿にしているようだ。悪夢再び。

231_2

パニックに陥ったので、緑を見て癒されたかった。そんな現実逃避で乗り切れる訳も

なく、半泣きのひろぽんを見かねたフッシーに介助されながらどうにか橋を渡りきる。

217_2

翔「やっとですか。ププ‥」

‥寒くなってきたことだし、気を取り直して帰路につこうじゃないか!

236_2

ダッシュする男二人。どこまで元気なんだ、あの二人。あ、一人と一匹。こちとら、

歩きすぎて歩くことすらしんどいのに。この坂を下ると広場に出るのですが、原因は

謎に包まれたままなのですが。翔太が、フッシーに突然悪さをしました。飼い主夫婦も

驚いて、頭が真っ白になりました。翔太本人(本犬 が一番驚いているようでした。

何かに怯えてることだけ分かりました。この後は、フッシーに抱っこされて公園を出まし

た。

238_2

239_2

こんな顔してますけど、プルプル震えてました。何があったのか気になります。

こういう時に、翔太が喋ることが出来たらどんなに良いだろうと重います。無理な

話ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋との再会。その1

本日は、先月行った公園へ再び行ったフッシー一行。思った以上に気温は高く

23度。昨夜3度だったのに、この温度差のおかげで風邪気味のひろぽんです。

228_2

自然はいいなぁと、つくづく思うんですよ。生まれも育ちも田舎なのに。だからこそ

なのか。田舎最高。VIVA田舎。公園に入園する際に貰ったパンフレットには、

今月末から始まるウインターイルミネーションの催しが大々的に載ってました。

その準備のためか、あちらこちらに

213_2

ツリーちゃんがいました。ちょうど2週間後から、イルミネーションが見れるように

なります。楽しみだなぁ。さて、翔太ですが今日はフッシーの言う事をなかなか聞こう

とせず、

224_2

聞こえないふりを通す、この犬。どこの犬だ、君は。フッシーがリードを持っている

からなのか、ひろぽんには

223_2

助けを求めているとも言える微妙顔。翔太的に、フッシーが我が家では1番の権力者

であり(大地主、ひろぽんと翔太は庶民(農民 なのでここは、同じ農民のひろぽんに

‥翔太に甘いひろぽんにリードを持って貰いたかったのだろう。しかし、そんな願いが

叶うほど人生はやっぱり甘くなく、続けてフッシーが手綱を握ることに。

222_2

翔「チッ。使えねぇ農民めが」

極悪ですよ。もっと愛らしい、愛くるしい顔でお願いしますよ。長くなりそうなので

今日はこの辺りで。気力が残っていれば、本日中に更新するかもです。え?橋の

話はまだかって?まだです。っていうか、忘れてました。THEいい加減ですから(笑

100均みたいに、THE文房具とかTHEガーデニングみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化の日

去る11月3日は、中学校以来の友Fちゃんの誕生日であった。Fちゃんは、文化の日

にちなんだ名前を持ち、笑いの神がしょっちゅう降臨する愉快な人である。昔は、ほぼ

毎日四六時中一緒に遊んでいた気がする。そんなFちゃんに、誕生日おめでとうメール

するのをすっかりこっきり(? 忘れていた。今日は8日である。しかも、ついさっき思い出

した。ま いっか‥ 彼女も毎年ひろぽんの誕生日を、一ヶ月早く祝ってくれる様な人だ。

さて、文化の日フッシー一行は海へ行って来ました。     

124_3

道の駅も隣接されていて、世間一般で言う休日は観光客で一杯です。写真の場所は、

人の少ない所ですが。この道の駅の名物(? 「海鮮たこ焼き」は安くて大人気。

ごろごろしたホタテ・えび・タコが入って350円也。安くて美味い。腹を膨らませた後は

翔太を放せる上の写真の場所へ。

199

翔「あのさぁクレートの中、狭くてさぁ体がおかしくなっちゃいそうだからさ走らねぇ?」

飼「‥じゃぁスマイリーいきますか。」

154_2

写真には写ってないスマイリーボールを見つめ(ガン見 投げられると

169

涎で砂まみれのスマイリー菊池(懐かしい を捕獲。すると、翔太が一点を見つめだした

203_2

ちびっ子ハケーーーンである。人大好きフリスキーな彼は、人の形をしていれば

オールオッケーなのである。そして、ちびっ子めがけて逃走するも

Photo_4

あえなくフッシーに捕獲され、ロングリードから普通のリードに替えられた。どんだけ

困り顔なんだ。フッシーの命令は絶対なので、翔太反抗せず。表だっては‥

隙あらばちびっ子に近づこうとする、しつこい男 翔太。相手のちびっ子の反応も

微妙じゃないか。諦めが肝心なのだよ。人生というのは。

182_2

翔「‥ふーん」

飼「‥人の話を聞きなさい」

192_2

無表情というか、不満気な顔。反抗期なのか。この腐ったみかん野郎めが。

Photo_6

翔「うっそ~~ん」

この後、散歩中のコーギー君に出会った(喜 目鼻立ちのはっきりしたトライカラー

の男の子。5歳だという彼は、それはとても男前だった。写真がないのが残念(落 

めったにコーギーに出くわす事がないので、はしゃぎすぎてデジカメを出すのを忘れて

たのです‥また会えるといいなぁ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐったり‥

川原の散歩の続きですが、あの日はとても暑かったんですよ。外に居るとじっとしてても、

うっすら汗が出るくらい。前日まで、寒かったのが嘘のような。ひろぽんも、あまりの気温

差に散歩に出発して一時間余りでダウン気味になりました。

Photo_2

日差しも強かったですし。翔太も、普段よりハァハァいってました。

Photo_4

水をよく飲み走り回っていたので、さほど気にしてなかったんですよ。

ところが、

家に帰って庭に連れて行くと、なんだか様子がおかしい。普段なら散歩から帰って

来たら、まず庭をグルグル回ってパトロールするのに、しない。

すぐに地面にゴロンと横になる。呼んだら、のそのそと近寄ってはくるもののすぐにゴロン

‥ 怪我をしたのだろうか、階段を登ったから腰にきたのだろうか。体温が高い気がする

。久しぶりの暑さにバテたのか?夏に使っていたアルミプレートを引っ張り出し、翔太の下

に敷く。プチパニックになりながら、昼休憩中のフッシーに電話し

「翔太がおかしい」

を連呼する。フッシーもかなり心配気だったが、ひとまず様子を見ることに。

30分置きに翔太の様子を覗うと、プレートの上で手足を一杯に伸ばして寝ている。

物音を立てても、ぴくりともしない。近づくと、けだるそうに目を開ける。横になりながら、

遠吠えしたりもした。夕方近くになり、今度は気温が一気に下がり肌寒くなってくると

翔太は若干回復したようだった。ご飯も完食し、触って触ってと近づいてくる。

結局、翌日の夕方には全回復して庭を駈けずり回ってました(喜 暑さが原因だったの

でしょうか。もう少し早く、翔太の様子の変化に気づいていればこんな目にあわせなくて

済んだのに。翔太ごめんね

189_2

翔「じゃあ、豚耳下さい!」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まったり

翔太の住む地域は、今日も快晴で絶好の行楽日和です。我が家は飼い主夫婦が共に

今夜から夜勤のため、お出かけは無しです(泣 さて、今日は先月の終わりにまったり過

ごした日のことを書きます(遅っ その日、用事があったひろぽんは仕事を休み用事を済

ませてから翔太を連れて散歩へ出かけました。

062_3

普段はすぐ近所にも係わらずめったに来ない川原へ行きました。早速、ロングリード

に替えます。

111_2

何故、こんなに不安顔なのか。一級河川じゃないからなのか。二級河川はふさわしく

ないとでも思ってるのか。笑顔どころか、死んだ魚の様な目じゃないか。翔太のテン

ションを上げるべく、プクーちゃんを投入することにする。

115_2

オレンジの妖精がプクーちゃん。押すとプクーっと鳴って、翔太のテンションがうなぎ

上りに‥

116_2

ならず‥プクーちゃんに飽きたのか。この間まで、あんなにも熱い抱擁を繰り返して

いたのはどこのどいつだい!?一分もしない内に、プクーちゃんを見捨て立ち去る

男、翔太。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり‥

秋と言うか、寒いですね。更新も、ずいぶんご無沙汰だったような‥夫婦揃って、仕事が

忙しく残業続きのためなかなかPCの前に座る時間がない訳で、小栗旬がテレビに出てい

るからとテレビの前にかじりついていた訳じゃありませんよ。

さてさて、今日は先週(かな の夜勤明けに近場で翔太と遊べる場所が無いかとウロウロ

県道沿いを走った日のことを書きますね(先月じゃん‥

010

紅葉までもう少しな感じです。来月の中旬辺りには紅葉真っ盛りかな。

「県民の森」という標識を発見したフッシー一行は、色んな想像を膨らませながら車を走ら

せていたが、走っても走ってもそれらしき看板は無い。どんどん民家の数も減って行き、

「本当にあるんかなぁ‥(不安 いくら森とは言え、どうなんコレ」

「こっちで合ってるはずなんだけどなぁ‥え‥何これ」

017_2            

霧です。濃霧です。全く人の痕跡を発見出来ないばかりか、この霧。更に進むと

021_2

見えません。黄泉の国へようこそ的な雰囲気。そして、しばらく行くと目当ての森に到着

出来たのですが、この霧の中ボール遊びすんの?的な空気が漂い、来た道を引き返す

事に。レストランぽい、しっかりした建物が建ってました。霧が無ければ良かったのに、残

念。引き返す道中、神社の標識を発見。ひろぽんが幼少の頃、初詣に来たことがあるっ

ぽい名前の神社。

Photo_3

時間のせいか全く人がいないので、やっと駐車場で翔太を放牧。

Photo_5

走っても走っても、エンドレスに走り続ける翔太。飼い主達は、気温が一気に下がってき

たのでそろそろ帰ろうかと準備をしだすと

Photo_9

明らかにガッカリ顔。すまんね、山の寒さを舐めていたよ。次、来る時は防寒準備万端で

来るからさ。

075_2

翔太「じゃあ、明日ね」

飼「勘弁して下さい。明日から日勤です」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »